良い健診の代行サービスの見分けを紹介

企業が労働者の健康や安全を確保するとともに、快適な職場環境を作っていくことが労働安全衛生法で義務付けられており、従業員は最低でも年に一度の定期健診を実施しなければなりません。健康診断には複数の種類がありますが、特に定期健診は企業の規模や職種にかかわらず毎年実施しなければならないため、企業の担当者は最低でも年に一度、健診の手配や準備を行います。また、健診費用は全額企業負担となるため、精算などの処理は企業の規模が大きいほど担当者の負担になります。そこで、企業が導入している健診の代行サービスについてご紹介します。代行サービスとは、組織向けに健診の予約をしたり、精算や結果の回収まで健診に関連のある業務を一括して代行するだけでなく、データとして健診結果を集約・分析なども行うサービスであり、メリットやデメリットについて説明します。

面倒な業務を代行サービスで一括管理

企業はまず、健康診断の実施方法を決めなければなりません。集団検診、企業指定の医療機関での健診、任意の医療機関で健診を取り決め、健診の項目や費用の設定を行います。次に従業員の受診スケジュールや精算、受診状況や未受診者の管理。また、健診機関によって精算方法も異なるため、こういった業務は全て代行サービスを利用することで担当者の負担は軽減され、業務の効率化が望めます。従業員側のメリットは、過去の診断結果を自身で管理しなくてもデータとして記録されているので、マイページ等で確認でき、書類を保存する必要がありません。経年で確認できることは非常に便利です。また、デメリットとして一番重く考えられるのは個人情報の漏洩です。次に代行サービスの利用料ですが、これに関しては従業員の労力や賃金と比較するとメリットの方が多いかもしれません。

代行サービスで業務軽減、過去の診断もお任せ

企業にとって、健診代行サービスを利用することはメリットが多いことはわかりますが、従業員の大事な個人情報を社外に出すということは注意を事細かく払わなければならないことも明らかです。そこで代行サービスを利用する際に見分け方として、個人情報に関する運用体制をどのように行っているかが重要になってきます。次に受診者の立場として、全国で多くの医療機関ネットワークがあることも必要です。任意の医療機関を受診できることで予約もスムーズにでき、未受診者を減らすことにも繋がります。また企業は労働基準監督署への報告業務がありますが、これらも必要データも専用ウェブページから簡単に出力できるなどのサービスがあると、担当者の業務はかなり軽減されます。このように健診の代行サービスは企業にとっても従業員にとっても福利厚生の経費削減や業務の効率化が魅力的であることがわかります。