健診の代行を依頼するにおけるルールと注意点

健診の代行をお願いする会社はどんどん増えています。大きな企業になると社員全員の健診日程の調整や予約などを把握することが困難となるため、健診の代行をお願いします。様々な手続きや作業を負担してもらえるため、それに費やす時間や労力を削減できます。紙で管理していた膨大な健診結果もパソコンのファイルで管理することができますので、保管する場所やセキュリティ面でも安心できるでしょう。メリットはたくさんありますが、やはり氏名や生年月日、健康状態など個人情報を外部企業へ渡すことになりますので、個人情報漏洩のリスクは増えてしまいます。ですが社員の健康を管理することは、企業にとってとても重大なことです。そして企業が健康を意識することにより良い職場環境を作り、業務を円滑に回すことができます。

健診の代行によって得られる健康と注意すべきこと

やはり健診の代行を依頼する場合、多くの企業がそれに伴う作業を軽減することができ、他の業務に励むことができます。健診日程がきちんと把握されますので、予約忘れや各社員への通達もしっかりとできます。また止むを得ず受診できなかった場合でも連絡がありますので、未受診者を軽減できます。そして、健診結果データを元に病気の予防、早期発見など、社員の健康に対する意識も向上させることができます。ですが外部に委託することによって発生するデメリットもしっかり把握しておくことが大切です。委託費用が発生することはもちろんですが、個人情報を外部に渡すこととなってしまいますので、情報の取り扱いには注意をする必要が生じます。そのためにはお願いしたからといって丸投げにせずに、企業間でのやりとり、意思疎通が大切になります。

自社に合ったサービスを見つけてより良い健康管理

健診の代行を依頼する場合、これから先長い付き合いになることを前提にお願いすることが大切です。氏名や生年月日、健康状況など社員の個人情報のやり取りが主になりますので、頻繁に依頼企業を変えることにより、社員から不安の声も上がることとなります。依頼する場合は仕組みやサービスを知ることが必要となります。予約受付や管理はもちろんですが健診後のアドバイスを図やグラフを用いて詳しく解析されていたり、ストレスなどによる心のケアを定期的に実施している企業もあり、健診の代行のみではなく、様々な取り組みを知ることで、社員に安心して提供することができます。また、女性を対象に女性特有のケアや健康管理を実施している企業もありますので女性社員が多い職場の場合はこのようなサービスがあることも自社にあった健康管理となるでしょう。