おすすめの健診の代行を行ってくれる機関の探し方

人材不足が深刻化してきた昨今、より良い人材の採用のため、そして既存の優秀な社員を繋ぎ止めるため、多くの企業では従業員満足度の向上が重要視されるようになりました。従業員の満足度を高めるための待遇改善として、何が思い浮かぶでしょうか。少し前までは、待遇改善といえば給与や賞与といった金銭での報酬が主力でした。しかし、近年は方向性が変わってきて、福利厚生に力を入れることで満足度を高めようという企業が増えてきました。最近では、食事補助や出張マッサージの導入など、これまでとは違う形での報酬を与える企業が出てきています。こういった福利厚生をいざ充実させると、企画や準備にかかる人、金銭、時間といったコストが莫大にかかってしまうのが課題です。そこで福利厚生関連のアウトソーシングサービスが注目を浴びています。今回はその中でも、健診の代行サービスについて解説します。

健診を代行会社に依頼するメリットとデメリット

健診を代行会社に依頼するメリットの一つが、人事担当者の業務削減にあります。予約、データ管理、受診券発行など、煩雑な業務を一挙に引き受けてくれます。問診票を共通のものにしたり、費用を全国で統一させたりといったことも可能です。しかし、メリットばかりではないことに注意が必要です。考えられるデメリットは大きく分けて3つあります。デメリットの一つ目はコストです。従業員の人数や依頼内容によっては、従来のように人事担当者が業務として行った方が経費はかからずに済むということもあります。二つ目は医療機関とのコミュニケーションエラーです。今までは直接やりとりしていた医療機関との間に他社が介在することにより、情報の伝達ミスなどのコミュニケーションエラーが起こる可能性が出てきます。三つ目は、個人情報です。社員の氏名、性別、年齢、健康状態といった個人情報を外部で扱うことになり、個人情報の流出リスクが高まります。

健診の代行会社を選ぶ時に気をつけたいこと

先に挙げたようなデメリットを避けられる代行会社を選びましょう。社内で人件費をかけた方が安かったとならないように、健診の代行を依頼した場合にかかるコストを事前に確認しておくことが必要です。低コストで充実したサービスを提供する企業もありますので、いくつかの会社から見積もりを取ってみることをお勧めします。情報伝達でのエラーを防ぐような取り組みがされているかどうかも確認しておきましょう。見積もりの段階から、どんな対策をとれば安心かを尋ねてみるのも、契約先を選ぶのに有用です。また、個人情報流出のリスクを軽減するため、情報管理が徹底している会社を選びましょう。企業が人材の確保と繋ぎ止めに力を入れるために福利厚生を充実させるのと同時に働く側も、求人募集を選ぶ際には福利厚生面の充実度を重視するようになってきています。従業員の待遇改善でより良い人材を獲得しましょう。