健診の代行についての特徴とその魅力

一般的に会社に勤めていると年一度、人事総務部門から健康診断の受診連絡があり、一斉に病院や巡回健診で健康チェックを行っており、その際、健康診断の準備を行う会社側は、受診に向け受診者データの取りまとめや予約手配など関連業務はとてもハードにあります。このような状況を一変し、業務改善が期待できる施策として健診の代行サービスの活用があり、近年、導入されている企業が増えております。サービスの最大の特徴は、外部のサービス提供者が、健診に関する様々な業務を代行して行いますので、依頼主側の企業が担う関連業務が削減され、その分要員を配置転換でき、業務効率向上が期待できる点です。また、サービス提供者は全国の医療機関と提携していることが多いため、受診可能となる病院などが増えますので、受診者の利便性も高まることも魅力のひとつです。

健診の代行サービス導入によってもたらされる効果

アウトソーシングとして導入が進んでいる健診の代行サービスは、サービス提供者が健康診断を受診する医療機関との契約から、受診者に対して健診の告知、予約受付、具体的手配を行い、検査終了後は健診結果の回収と清算業務まで全て代行いたしますので、従来、手間ひまかけ対応してきた業務から解放され、本来の基幹業務に従事できることが最大のメリットとなります。また、サービス契約によっては、受診の進捗管理や未受診者に対する督促も行ってくれますので、受診率の向上が見込まれます。加えて、健診結果データを年度別管理し、閲覧可能な専用データを提供してくれますので、社員の健康管理が緻密になり、健康増進計画の立案に結び付けることができます。受診者個人のメリットとしては、受診できる医療機関が増えますので、馴染みの病院で検査できる可能性があります。

メリットが多い健診の代行サービスでも注意すべき点が存在

会社などが行っている健診関連業務の量を大幅に削減してくれる健診の代行サービス事業は、多くのメリットを生み出す課題解決型ビジネスです。しかしながら、サービス導入にあたっては、事前に十分注意しておくことがあり、場合によってはデメリットとなってしまいます。まず導入には必ず、外部委託費用が発生いたしますので、業務課題を明確にすると共に企業規模に合った適正なサービスを基本に契約、導入すべきです。次に受診者の個人情報の取り扱いですが、個人情報の管理を委託することとなりますので、サービス提供者の万全な管理体制が必要となりますが、漏洩等のリスクが課題としてあります。このようにデメリットを十分認識しサービス充実だけでなく信用度の高いサービス提供者を選択するよう注意する必要があります。

専用Webサイト『i-Wellness』をご用意、リアルタイムで健診の進捗状況を確認することが可能です。 健診予約は専用Webサイトから24時間受付可能です! 専任チームによる、女性の為の健康支援サービスです。 働く女性の健康支援、被扶養者健診等をお任せ下さい。 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 健診予約の代行はウェルネス・コミュニケーションズにお任せ